ゆっくり動いて離れることが大切|スズメバチ駆除はプロにお任せ

男性作業員

宅地開発で増えた害獣被害

住宅

天井裏に侵入するイタチ

宅地開発が進んだことによって思わぬ害獣被害が広がっています。イタチによる被害もその1つです。イタチは家の床下や天井裏に侵入して棲み着く習性があります。一旦棲み着いてしまうとそこで繁殖するので、被害はますます拡大します。イタチは3センチ程度の隙間でもすり抜けることができるので注意が必要です。最近の高気密住宅でも屋根裏に換気のための隙間が空いている場合があります。自然が近い場所だとそのような隙間から侵入します。イタチの繁殖時期は春なので、春になる前にイタチ駆除をする必要があります。近くに自然が広がっている住宅などは定期的に業者に点検してもらって、もし棲み着いていたらすぐにイタチ駆除をしてもらうことが大事です。

春の繁殖前に駆除すること

イタチが棲み着くと天井裏を走り回って騒音を出します。また糞や尿をところかまわずするので悪臭がこもり、天井や壁がシミになります。深夜などに屋内に侵入してきてキッチンの食品などを食い荒らすようになります。壁の断熱材の中に巣を作ると駆除に大変な労力が必要になります。もし室内に異臭を感じたらイタチが棲み着いている可能性があるので、すぐに専門の業者に依頼してイタチ駆除をするべきです。駆除の方法としては罠で捕獲したり、夜間に強い光を照射すると驚いて逃げ出します。逃げ出したあとは、光の当たる範囲にCDをぶら下げたりすると光が乱反射して威嚇効果になります。イタチ駆除をしたあとは侵入できないように、侵入口を塞ぎ、餌になるようなものを家の周囲に置かないことが大事です。