ゆっくり動いて離れることが大切|スズメバチ駆除はプロにお任せ

男の人

害虫の駆除

ハチの巣

支持されている理由とは

スズメバチが活動を始める時期になると多くの心配が出てきます。特に刺された場合アナフィラキシーショックになると命を落とす危険があります。もしスズメバチの巣を発見した場合は、専門の業者にスズメバチ駆除を依頼するのが1番良い方法です。特に7月以降は攻撃性が高くなり大変危険ですので、依頼する方法が支持されています。スズメバチ駆除で多くとられる方法は殺虫剤で駆除するやり方です。夕方から夜にかけて巣全体にスプレーをし、その後長い棒で巣を叩き死骸を袋内に閉じ込めます。次に家庭でできるスズメバチ駆除の方法を紹介します。ペットボトル1.5L〜2Lに酒120ml〜300ml、酢60ml〜100ml、砂糖50g〜125gを入れて2メートル位の高さの木陰にかけて誘引します。多くの方に支持されているスズメバチ駆除の方法です。

気をつけたい点とは

スズメバチ対策として気をつけたい点をいくつかあります。スズメバチは視力が低く色に反応するようです。特に黒い色や赤・青という濃い色に対して攻撃してきます。危険な時期になる7月以降、特に9〜10月は庭先や畑では白などの明るい色の服を着るのがベストです。また匂いに敏感なため、整髪料・化粧品・香水・ペンキ・人の汗の匂いに反応します。近づき過ぎると攻撃してきます。そして左右の動きに敏感で前後の動きに鈍感です。もしスズメバチが近くにいたら頭を低くして後ろにゆっくり動いて離れることが大切です。万が一踏みつぶしてしまうと毒の中の仲間を集める集合フェロモンにより、大群が襲って来るので絶対にしてはいけません。刺されたら速やかに離れ毒針を抜き、傷口を水道水で洗い薬を塗って医療機関に行きます。1番重要なことはこちらから先に刺激したりテリトリーに入ったりしないことです。

イタチによる被害を防止

男女

イタチは小さな隙間から屋内に侵入し、巣作りをします。騒音や糞尿による被害が出ることになるので、イタチ駆除は早めにおこなうことが大事です。追い出しても再び戻ってくることがあるので駆除業者に依頼するようにしましょう。

もっと詳しく

身近に潜む厄介者

考える女性

イタチは狩猟獣であるので自治体に許可を得てから駆除をしなければいけません。イタチは学習能力が高いので失敗するとあとあとの駆除が大変になります。そのためイタチ駆除はしっかりと準備をして一発で成功させる必要があります。

もっと詳しく

宅地開発で増えた害獣被害

住宅

宅地開発が進んだことによりイタチの被害が増えています。イタチは3センチの隙間でも通り抜けるので、自然豊かな場所に建っている家は注意が必要です。天井裏に棲み着くと騒音や糞や尿の悪臭がします。

もっと詳しく